岡山人妻風俗と歓迎会

岡山の人妻風俗を利用した日は会社で思いのほか馴染んでしまい、その立ち位置は二日目からばっちり嵌まったし、女の子からは転校生みたいにちやほやされている。同い年ぐらいの男には飲みに誘われて地酒でべろべろに酔わされたがそれも楽しかった。なんか岡山楽しいわって思ったけど考えるまでもなくこれは日常の中だった。岡山に来て環境も変わって人もフレッシュな感じ出てるけどこれは一瞬で慣れてしまったし日常から逃れることは叶わなかった。たらふく美味しいものを食べてみたが満腹感よりも焦燥感、このままだと一生日常に呑まれたままの人生だという気持ちが強くなった。そんなことを想った次の日、飲んだことのある男が、歓迎会を開くから土曜日空けとけ! って俺に言ってきて、俺は正直億劫だった。そういうのあんまり期待できないから、せめて人妻がフェラチオしてくれなきゃどうしようもないほど平凡じゃんって感じだったけど俺の歓迎会なので行くしかなく、行った。会社の飲み会はいつも決まって駅近くの居酒屋を利用するらしく、土曜のこの日も例外なく安っぽい居酒屋だった。しかし、そこで転機が訪れる。

イベントとして大きなのが一つあってそれはビンゴ大会だった。あれ、俺へのプレゼントじゃないの? ってみんなに言ったら、なわけねーだろバーカと言われて憤慨。ビンゴは始まる。
「なあ」
隣のデブ男が話しかけてきた。会社からは嫌われている体臭のきつい中年だ。
「なんですか?」
「いやおめえ知ってるか? 岡山のここいらじゃとんでもねえ人妻風俗がわんさかあるっての」
「下ネタ早くないっすか?」
「馬鹿、男同士で何言ってやがんだ」
「はあ」
「なんでもこの世のものとは思えない風俗らしいんだ」
「え? それって非日常ってやつっすか?」
「馬鹿野郎、日常なんてぶっとんじまうぐらいのデリシャス風俗だよ」
「どこっすかそれ?」
「それがよ、会員制の風俗らしいってのは判ってるんだが、一見さんお断りでツテがないと無理なんだとよ」
その時77と13でダブルリーチだと気づいた俺はデブ中年を蹴っ飛ばしてリーチと宣言。皆がヒートアップして殴り合いになりそうな大熱狂の中、次のナンバーは13、俺はビンゴと宣言し乱闘開始。女社員の乳をしゃぶりながら上司に賞品をもらう。表向きは電マ。裏でこっそりと風俗への招待状をもらった。

俺の上司は言っていた。
「あのな、東京に居た頃は岡山の人妻風俗なんて聞いたこともなかったろ。それはな、ここだけの話情報操作が行われているらしいぞ。検索しても出てこないし、風俗店の近くは妨害電波がすんごくて人が死ぬらしい。この招待券もってりゃ大丈夫だから男になってこい」
そう言って乱闘に加わる上司。そこから抜け出して走ってその招待券にある簡素な地図を辿って風俗店を探す。岡山人妻風俗はどんなものなんだ? 俺の不安と期待が足を動かす。どうにか俺は日常から脱却しなくちゃならない。地図通りに来たが、その場所に風俗店はなかった。あー騙された笑いもんだぜ明日っから日常永遠かーってなってたら、そんなことは全然なくて俺はいつの間にかUFOにキャトられていた。宇宙船にはドでかいベッドがあってそこにほっそい触手が何万本も生えているめちゃくちゃえろい宇宙人が横たわっていた。状況を飲み込めない俺はそのまま宇宙人のおっぱいをめちゃくちゃ吸って落ち着きを取り戻したかに見えたが、そこから触手に絡みつかれて身動きができなくなり快感の拷問が一生続くのだと宇宙人は言った。俺は泣きながら嬉しくて昇天した。ビバ非日常!

関連記事

岡山人妻風俗と情報サイトの収益

岡山人妻風俗嬢を満足させる武器

岡山人妻風俗とジョギング

岡山人妻風俗とにおいフェチ

岡山人妻風俗に興味があるピンサロマニア

隣人の倉敷人妻風俗嬢